2006年07月19日

浜松の観光名所@【制作代表より】

こんにちは!! もしくはこんばんは!! はたまた、おはようございます!!

制作の伊藤です。

今日はちょっと「+1」から離れて、浜松について書こうと思います。
というのもですね、前回の稽古の時に撮った写真が、綺麗さっぱり見当たらず。
寝ぼけ眼で作業していたがために、おそらくコピーせずに削除してしまったのだと…。
いやぁ〜睡眠不足は恐ろしい魔物ですね(^▽^)


…誰か私を殴って…。もうやだ〜(悲しい顔)


そんな私のドジ話は置いておいて。
ご存知の通り、我ら「劇団遊演地」は、静岡県浜松市を拠点に活動している集団です。

もちろん、浜松の人たちにも遊演地のお芝居を観ていただきたいのですが、
その勢いは浜松を留まらず、全国各地の方にも観てもらいたいと思っています。

なので、いずれは色んなところで公演をやってみたいと思っているのですが
まずは拠点、浜松にお客さんを呼んで公演を行う、というスタイルを取っています。

そんな中、県外から来られる方から良く聞かれるのが、



『浜松の観光名所ってどこ?』




えっ…?(゚□゚)



と、言うわけで、即答出来ない自分がとても悲しかった。
「浜松が好き」なんてうたい文句を劇団の紹介文に書いておきながら、
気候が穏やかだの、うなぎが美味しいだの、そんなん誰でも知ってらい!!
ということしか答えられない自分がいた。

もちろん、浜松で育った身ですから、それなりに浜松の良いところ、
この目で見て、実感してきましたよ!!
ですが、ですが、現状がこれなんです。

のぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおお!!!!
こうなりゃとことん、浜松について調べつくしてやるぜ!!
ということで、一人プロジェクトを決行。






浜プロジェクト。







ださっ!!がく〜(落胆した顔)









さぁさぁ、そんなわけで、浜松の観光名所、じゃかすか紹介していきますよ〜!!
(あれ?プロジェクト名は無視ッ?!)

■アクトタワー
http://www.act-tower.co.jp/

まずは浜松駅のすぐ横にどっかりと聳え立つ、アクトタワー。

[infomation]
日本で13番目にランキングされる高層ビル
展望台はタワーの45階、約185mの高さを誇る
入場料:600円
最終入場時間:夜8:30まで



私は良く、ここから初日の出を拝ませてもらっています。
といっても、展望回廊まで登るわけではなく、途中の階段のところで…。

是非、浜松にお立ち寄りの際は、アクトタワーの展望回廊から、浜松市を
見下ろしてみてはいかがでしょうか??
夜には夜景が綺麗なことでしょうぴかぴか(新しい)

■アクトタワーからの夜景
http://yakeinet.hp.infoseek.co.jp/act.htm

浜松の中心で愛を叫びたい時にお勧め。

ちなみに、アクトタワーの中には色んなお店があってショッピングにもお勧めです。
私のお気に入りは「遊べる本屋」。
この店に入ると、時間の流れと世界が変わる気がします。

はたまた、このアクトタワーの近辺を「アクトシティ」と呼びます。
■アクトシティ
http://www.actcity.jp/

地元民は、どちらも略して「アクト」と言っています。

■浜松駅ビル メイ・ワン
http://www.may-one.co.jp/index2.html

ご存知、次回公演「+1」の公演場所、「エアロホール」があるビルです。
駅と直結していて、買い物も食事もできる大変便利なビル。
名前の由来は、5月1日に出来たからという、「あぁ〜」と誰もが納得する理由です。

遊演地は公演の日には、7Fの「糸車」というラーメン屋にお世話になったりします。


■遠鉄百貨店
http://www.endepa.com/
浜松市内を走るバス、タクシー、電車、全てを取り仕切る遠鉄グループの持つ百貨店です。
浜松駅のすぐ西隣にあって、今では浜松の中の唯一の百貨店です。


と、まぁちょっとこの二つは浜松の観光名所って訳でもないですが、一応
中心部を押さえておこうとおもいまして。
その内、「浜松のお店紹介」も書いていきたいと思います。

さぁっ、いよいよ浜松の代表的な観光名所を書いていきますよっ!!

■はままつフラワーパーク
http://e-flowerpark.com/

[infomation]
浜松駅からバスで北に向かうこと40分!!
遠ッ!!(爆)車での来場をお勧めします。
入園料:大人800円 子供350円
営業時間:9:00-4:30(10月-4月)9:00-17:0(5月-9月)
無休
駐車場有


園内禁煙で、ペットは不可ですが、綺麗な花たちに囲まれて素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょう??
アンパンマンのキャラクターの顔に整えられた花など、花一輪ではなく、
全体を見て何かを感じることができる場所。

今はレジ打ちできる人を大募集らしいです(爆)

■浜松市動物園
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hamazoo/

[infomation]
フラワーパークのすぐ近く、浜松に古くからある動物園。
入園料:大人400円 子供はなんと無料!! 70歳以上の高齢者も無料〜♪
フラワーパークとの共通券が、なんと850円!!
こりゃセットで行くっきゃない!!
営業時間:9:00-16:30
休園日:12月29日〜12月31日
駐車場有


ここのゴリラは要注意!!
とにかく、投げる!!
何を?! そりゃ、糞を!!(笑)

もう、ある意味ミステリーツアーですよ。
私はいつもゴリラの檻の前ではドキドキしています。

大きな象が目の前で大きな糞をボトボトとする姿には笑うしかない。

時間の流れがゆっくりで、大人も楽しめる場所です。
人間関係が疲れた時にお勧め(爆)

園内の道の起伏が意外に激しいので、良い運動になるかもしれません。

■浜松フルーツパーク
http://e-fruitpark.com/

[infomation]
フラワーパークのフルーツ版。
↑やる気ねーな!(笑)
浜松駅からバスで北に向かうこと50分!!
さらに遠ッ!!(爆)
入園料:大人700円 子供350円
営業時間:9:00-4:30(10月-4月)9:00-17:0(5月-9月)
無休
駐車場有


何故かバーベキューハウスがあり、私もそこで肉を食べた記憶があります。
食べられるフルーツと、観賞用のフルーツとあって、
「目の前に、目の前に美味しそうなメロンが〜!!」と、なかなか歯がゆい。

「へぇ〜、このフルーツって、こんな風に実になるのね」という豆知識を
得たい人にはうってつけの場所。

フラワーパークとフルーツパーク共通の年間パスポートが4,000円で売っているそうです!!
知らなんだ〜。

■竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)
※公式サイトが見つからず、よさそうなサイトを開くと何故かIEが落ちてしまうのでリンクせず。

[infomation]
竜の爪痕を残す大岩があると伝わる竜ケ石山にある洞窟。
約1kmに渡る東海地方で最大級の鍾乳洞で、一般公開されているのは約400m。
何万年もの歳月をかけて形成され、マリア観音や鳳凰の間、石柱の宝などの鐘乳石が並ぶ。なかでも、落差30mの黄金の大滝は圧巻。
浜松駅からバスで50分。
洞窟見学料:650円
営業時間:9:00-17:00
無休
駐車場有


夏にこそ、行くべき場所!!
暗くてひんやりとした洞窟内は、まさに別世界!!

ここのお勧めは、アイスクリーム!!
わさびアイスなんてものもあります。これが意外に美味しい!!

ペットの預かり所が確かあったはず。


■浜名湖
http://www.hamanakotabi.net/perfectguide/pg007.html

[infomation]
太平洋沿岸の日本のほぼ真ん中に位置しており、風光明媚でしかも交通の便が非常に良ことで知られている。
気候も温暖で自然の恵みも大変豊かである。特に、花の生産、多種にわたる魚介類の生息そして養殖、その他食材が豊富なところも特徴といえる。
浜名湖の面積は70平方キロメートルあり全国で第十位、一周の長さは141kmで第三位。水深は平均5m(最深部16.6m)。


泳げます。
海と繋がっているので、水がしょっぱいです。
↑え?! これだけ?!がく〜(落胆した顔)


■浜名湖パルパル
http://palpal.entetsu.co.jp/

[infomation]
浜名湖に隣接する、遊園地。
小さな子供が楽しめる乗り物や、大人が楽しめる絶叫マシンまで、色んな乗り物が揃ってます。
他にもキャラクターショーや各種イベントも盛りだくさん。
入園料:大人1,000円 中学生800円 小人600円
フリーパス:大人3,900円 中学生3,600円 小人3,300円
月2〜4回の休園日有
駐車場有



…ここは安藤さんに語ってもらった方がよいでしょうか?(笑)
次回お願いしてみようと思います。

何年か前にリニューアルしてから、色んなイベントがあったり、新しい乗り物が増えたりと、なんかと活気付いている様子。
おまけに、8月は毎日花火ナイト!らしいです。

私は高校生の時、舞台美術担当の後輩三輪さん家に泊まりに行き、浜名湖を囲む
堤防に座り、ガリガリ君を食べながらパルパルの花火をタダ見した経験があります。
浜名湖に突き落とされそうになって、マジギレした記憶があります。
青春やった〜。



初回はとりあえず、こんなところで!!
次回は浜松に欠かせない「うなぎ」についても書いてみたいと思います。
強力な助っ人をお呼びしようかと。

そして、この「うなぎ」と「遊演地」が一つになった時、それはそれは
大きな衝撃が走ることでしょう!!
今私が企んでいる企画が実行できたら、自分で自分を胴上げしてやりたいです。

(無理だっつーの←胴上げが)

では、また次週っ!!
posted by 遊演地伊藤 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(1) | 浜松のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 「浜プロジェクト」、長文ご苦労様です(笑)
もちろん週末の稽古の方も!
 仕事で絡んでいるメイワン。そんな名前の由来とは・・・。打ち合わせには当然のように無かったです。(笑)
 別の所で書かれている『遊演地』が始めている地味だと書かれた活動ですが、きっと芽が出るモノと信じています。頑張ってくださいね! 積み上げた実績はそのまま信頼へと繋がりますよね。実績⇒信頼・・・
仕事もそう・・・、大きく言えば友情だって恋人や夫婦間の愛情も・・・。
 コツコツが一番! 知り合いに大工が多いのですが、建物もゆっくり造った方が、土台がしっかりするようです。下手に慌てると後で取り返しのつかない「しっぺ返し」が来ます。焦らぬようにじっくりと!
Posted by チョッパー at 2006年07月23日 22:43
 書き込みから約一日・・・。「地道」と書いたつもりが「地味」と書き込んである事に今気付き、蒸し暑い夜ながら違った意味の汗が額から流れています(笑)
地味⇔地道。一見似た作りに見えるこの2つの熟語・・・。ただ劇団が地味な活動してては、その運営も怪しいですよね(爆!) 失礼致しました。
Posted by チョッパー at 2006年07月25日 00:14
>チョッパーさん
コメントありがとうございます!!

いやいや〜実際は地味な活動です(爆)
ただ、チョッパーさんの仰るように、地道なことがとっても大切だと思っております。
そして、その活動を継続していくこと、これが遊演地の課題でもある思います。
まずは土台作りをきちんとやる、ですね!!
Posted by 遊演地伊藤 at 2006年07月26日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

うなぎ
Excerpt: 土用の丑の日にうなぎを食べなかったので、職場の人を誘ってうなぎやさんへ。 1軒目…1時間半待ちと言われ断念 2軒目…なんとおやすみ あきらめて別のお店で食事しました。 ということで うなぎは来月13日..
Weblog: 走れ!ぴっころ
Tracked: 2006-07-26 22:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。